失業保険の基礎知識

「再就職手当」の条件を確認しよう

更新日:

早く仕事が決まれば「再就職手当」がもらえる可能性があることを知っていますか?

このページでは「再就職手当の条件」について確認しましょう。

再就職手当の条件

以下の条件に当てはまれば再就職手当がもらえます。

①1/3以上の給付日数が残っている

「残りの給付日数が1/3以上あること」が基準になります。再就職手当は早く就職した場合に支給されるものなんですね。

②1年以上勤務することが確実である

再就職手当をもらうには安定した仕事を見つけることが必要です。安定した仕事かどうかはハローワークが就職証明書などから判断します。

③再就職先で雇用保険に入る

雇用保険は就職先の会社が長期で雇うつもりがあるかどうかの基準になりますよね。

④再就職先は元の会社や関連会社ではない

もし、元の会社への再就職で再就職手当が支給されるのであれば、元の会社と共同でいくらでも不正が可能です。当然、認められません。

⑤再就職先に内定してからハローワークで手続きを行ったのではない

疑わしい行為です。認められません。

⑥3年以内に再就職手当を受け取っていない

短期間に何度も再就職手当を受け取ることは認められません。再就職手当をもらう目的で1年ごとに会社辞めることが可能になってしまいます。

⑦再就職後、すぐに退職していない

再就職手当をもらう目的で会社に入ってすぐ辞めるのは認められません。

⑧待期期間が終わっている

「待機期間」が終わっていないと失業保険はもらえません。再就職手当は失業手当の一部なのでもらえないんですね。

参考「待期期間」ってなに?

⑨待期期間満了後の1ヶ月は、「ハローワーク」か「特定の職業紹介所」の紹介先に就職する(自己都合退職の場合のみ)

自己都合退職のみ

もし認められれば、「あらかじめ就職先が決まった状態で失業し、少し休んで再就職」ということが可能になってしまいます。

不正防止のためにはしょうがないですね。

なお、自己都合の場合のみなので会社都合の場合は制限がありません。

特定の職業紹介所

必ずしもハローワークを通す必要はありません。

再就職手当の額

GREEN_A20140125500

続いて再就職手当の金額についてです。

仮に自己都合退職したBさんが早期再就職した場合について考えてみたいと思います。

  • 30歳
  • 月給30万円

⇒基本手当日額は5,891円です。

参考【基本手当日額】失業保険は一日あたり何円?計算する方法とは

所定給付日数が2/3以上残っている場合

計算方法

  • 基本手当日額×残りの給付日数×60%

90日残っていたら...

5,891円 × 90日 × 0.6 = 318,114円

60日残っていたら...

5,891円 × 60日 × 0.6 = 212,076円

所定給付日数が2/3以上残っている場合は、212,076円~318,114円ということになります。

所定給付日数が1/3以上残っている場合

計算方法

  • 基本手当日額×(残りの給付日数×50%)

59日残っていたら

5,891円 × 59日 × 0.5 = 173,784円

30日残っていたら

5,891円 × 30日 × 0.5 = 88,365円

所定給付日数が1/3以上残っている場合は、88,365円~173,784円ということになります。

-失業保険の基礎知識

Copyright© 退職して「失業保険」をもらうときに見るサイト , 2019 All Rights Reserved.