失業保険の基礎知識

契約社員をやめたけど、失業保険をもらえるのか

更新日:

前職で契約社員だった場合、失業保険をもらえるのでしょうか?

結論から言うと失業保険をもらえる可能性はあります。ただし、非正規と正社員とでは扱いが異なるケースがあります。

このページでは「契約社員をやめて失業保険をもらえるケース」を紹介します。

契約社員をやめて失業保険をもらえるケース

非正規社員の退職は働いていた期間によって「正社員同様に扱う場合」と「そうでない場合」があります。

働いていた期間が3年以上

正社員として扱われます。

会社が契約を更新しなかった

会社都合退職

自分から契約更新を断ったり、退職届を出した

自己都合退職

働いていた期間が3年未満

AL001-onakagagu-20140830500

次の結果のどれかになります。

①契約した時に自動更新の契約を結んでいたけど、更新されなかった場合

  • 本人は更新を希望していた→特定受給資格者
  • 本人は更新を希望していなかった→受給資格者
  • 本人は更新の希望を伝えていなかったけど希望していた→特定理由離職者
  • 本人は更新の希望を伝えていなかったけど希望していなかった→受給資格者

本人が更新の希望を伝えていなかった場合は、ハローワークが判断しますので、更新を希望していた場合は、できる限り証拠を残すことが重要です。

②契約した時に更新はしない契約を結んでいた場合

受給資格者

③契約した時に更新する可能性がある契約を結んでいたけど、更新されなかった場合

  • 本人は更新を希望していた→特定理由資格者
  • 本人は更新を希望していなかった→受給資格者
  • 本人は更新の希望を伝えていなかったけど希望していた→特定理由離職者
  • 本人は更新を希望を伝えていなかったけど希望していなかった→受給資格者

本人が更新の希望を伝えていなかった場合はハローワークが判断します。更新を希望していた場合は証拠が残っていることが重要です。

 必要な被保険者期間給付制限給付日数延長
特定資格受給者6ヶ月以上なしあり
特定理由離職者6ヶ月以上なしあり
受給資格者12ヶ月以上なしなし
自己都合都合退職者12ヶ月以上ありなし

まとめ

雇用保険に入っていたとしたら、契約社員でも失業保険をもらえないということはないんですね。

あきらめずに確認してみましょう。

-失業保険の基礎知識

Copyright© 退職して「失業保険」をもらうときに見るサイト , 2019 All Rights Reserved.